賃貸の仲介の話

賃貸の仲介がメインの会社はどのようなことを行っているのでしょう。

賃貸仲介がメインの会社の利益は仲介手数料です。

賃貸物件オーナーと借りたい人を仲介するのがメインの仕事です。基本的には賃貸物件情報流通先のレインズなどで物件情報を仕入れます。

レインズ以外にもネットワークはあり、それぞれの仲介会社ならではの紹介物件がある可能性はありますが、基本的にはレインズで流通している物件を紹介します。

またネットで探しすとだいたい最新の空いている部屋が見つかります。便利な時代になりましたね。しかし、賃貸には落とし穴もあります。それは不動産会社のホームページに載っていても実はもう空室ではない可能性があるということです。

よく考えてみればわかるのですが、仲介会社のホームページは常に更新されているわけでもできるわけでもありません。そのため、実はすでに埋まっている物件も混ざっている可能性があります。

電話やメールしたタイミングで空室でも前日なったら埋まってしまった。。なんてこともよくあります。

よい賃貸に住むにはタイミングと動きの速さが重要です。どうしようかな。これも良いけどもっと良いのがあるかもしれないからもう少し探そう。という間に良い物件も見つからずに元の物件を見ようと思ったらすでに契約済みなんていうことは本当によくある話です。

じっくり探すことは重要ですが、良い物件に住むには決断力が重要ということです。